toco plus +

日々思うことの散文。文章を書きながら自分をみつめなおしています。いまは田舎で農業をすることになりまして、主にその活動記録を書いてます。兼業なので、普段はサラリーマンですよ。

農活記録 〜 水田復活までの道のり 〜

農活修行中の toco です。

 

水が引けなくて田植えを一度、諦めてしまった土地の修復活動の記録を書いてきます。

まだ修復中ではありますが、先日無事2度目の田植えしました。

 

荒れた田んぼを元に戻すのって大変。。。

正直、これはやっちまったな〜って感じです。

少しでも時間見つけて手を入れておくべきでした。

 

何倍もの作業量になってしっぺ返しをくらってます。

でも体力つきますよー。

健康診断で体脂肪率が入社当時の水準に戻ってました。。。(笑)

いまは結構筋肉ついてきました。

胸板筋肉ムキムキってステキ。

 

楽しい気分は少し。残りは体力勝負です。

荒れた田んぼの復活はここだけじゃないんだけどね。。。 

www.tocoplus.com

 

 

通年を通して、春先までにやっておきたいことはこれです。

 

・田んぼの草刈り ※毎年

・土起こし ※毎年

・水源の確保 →  なんとかなった。

・雑木林の整備 ※毎年少しづつ範囲を広げていこう。

・あぜ道の補修 ※良い案がないか検討中

 

 

春先になってしまうと新たに草が生えだすのでそこまでにある程度やってしまう必要があります。

あと、暖かくなると虫が出てくるんですね。

林の中は藪蚊がたくさんいます。

そうなる前にやっちまいたいわけです。

藪蚊はニガテです。。

かといって、乾燥してる時期にできない作業もあります。

火事は危険。

少しづつ、雑木林も綺麗にしていかねばと思ってます。

 

 

野焼き

作らない田んぼでも毎年耕す必要があります。

田んぼって何年も作り続けてきても、たった一回でも、作らなかったら大変なことになるんです。

正確には、何も手をいれないで一年間放置するとやばいです。

 

作らない人でも、荒地にしないために土起こしはするみたいです。

聞いてはいたのでやらないとだめだなーとはおもってはいたんですが、

本業の休みがなかなかとれず、そこまで深く考えてなかったので、そのまま草ぼうぼう状態に。

気づいた時にはもう手遅れ。

 

はい、これです。

ワラじゃないです。これは枯れたヒエです。

夏場に生い茂って、さらに放置したので、枯れてしまった状態です。

 

f:id:tocotocokuwana:20200103235058j:plain

 

この草をどうにかしたときの記事はこちらです。大変でした。

www.tocoplus.com

 

ある程度、田んぼを焼いて種子も焼けたかなと思いきやこれが全然だめだったんですね。

耕すと綺麗になるんですけど、草木のタネってたくさん落ちてちまってるんです。

 

刈入れ時には、ヒエだらけの田んぼになってました。

そうなると、お米の収穫量が目減りしてしまいます。

今年は念入りに田んぼを掻いたので、少しはましになるかな。

 

水の確保 

この田んぼですが、まず、水がこなかった。

田んぼに水がこないって、絶対的に終わってます。

水路が壊れていて夏場に継続して、水を入れることができません。

雨が降れば井戸に水がたまりますので、しばらくはしのげます。

日照りが続ければアウトですね。

雨季の間はいいですけど。天候をカバーする仕組みが必要です。

 

亡くなった父親はここで、米作りをしていたので、この状態でもつくっておりました。

山から流れてくる水を入れてた?のか?

ナゾです。

死ぬ前に聞いとけばよかったよ〜。父ちゃん。。。

  

 

さて、いろいろやることがあって何から手をつけていけばいいのやら。

時間との戦いです。

本業もあるし、天候の良い時しか農作業はできません。

田植えの時期までにはやってしまわないといけないわけで。。。

 

 

水路を直すのが一番手っ取り早いのですが、これは自然との戦いです。

土砂崩れを直すのは骨がおれます。

時間をかければ直せるかもしれませんが、いまはそこまで私には農業に掛けれる時間はありません。

ボチボチ時間があれば修復を試みてはみたいですが、そんな時間はない。

 

 

取り急ぎなんとかしたいので、長老さんと相談。

幸い、道路を挟んで川が流れていますので、そこからポンプで水が引けそうです。

水利権はあるとのことなので、ポンプを取り付ける工事をしようと思います。

補助がでるようなので、2割の自己負担でできるようです。

って、お金かけてばっかです、、、。儲けなしですやん。

 

 

ホームセンターで売ってる水中ポンプとかでもいいのかなと思ったりもしますが

水を引っ張ってくるまでの高さとかが微妙に影響するので、自分だけでは選びきれない感じです。

 

f:id:tocotocokuwana:20200103235513j:plain 

 

工事を見積もったところ、うん百まんという見積書がきたので、現実逃避。

自分でやるか とおもって試行錯誤しましたが。。。。

www.tocoplus.com

 

うまく動かなかった!!! 笑

ポンプがきっと不良品だったのかな。もう、めんどくさくなってやめました。

数万かけたんだけどな。。。やりきれなかったよ。

 

 

結局エンジンポンプを買って、一年目は地道に水を入れました。

毎年これをやるのはしんどいです。

www.tocoplus.com

 

ということで、山から流れてきている水をうまく、田んぼに誘導できないか

考えてみます。

また、これは別に記事にまとめまますね。

 

 

雑木林の整備

ここの田んぼに限らず、父から引き継いだ田んぼは荒れ放題です。

水田に竹が覆いかぶさってるので、稲にお日様が当たらない。

 

杉の木が何本か生えてるのを切り倒してしまいたいのですが、流石にこれは今年はやめておこう。

すこしでも、枝が切れるなら切りたいかな。

 

竹がたくさんはえてるのはどうにかしないとね。

笹もかなり生い茂ってるから刈ってしまわないと。。。

 

山からの土砂が田んぼにまではみでてきてます。水路を塞いでます。

水を切るためにもここはきれいにしないといけません。

 

(補足)水を切るっていうのはですね、稲刈りの前に田んぼの水をなくしてしまうことです。水を切ることで、土が乾き、機械が入れるようになるんです。

これをしっかりしないと、ハマります。

文字通り機械が田んぼにハマります。抜け出せません。滑るのさ。

 

農機具屋さん曰く、こういうのがあるので農機具のリースは成り立たないようです。

熟練の人はマイ農機具でしっかりやりますが、新米農活一年生がリースで頑張ろうとするとすぐ壊してしまうということです。

 

脱線しました。

雑木林の話にもどします。

昔はここでよく遊んでましたが懐かしいですね。

水田の周りだけじゃなく、奥の方まで綺麗にしてみようかな。

 

 

www.tocoplus.com

 

あぜ道の補修

畦を綺麗にするというよりは、水が漏れていかないようにする必要があるということ。

また、水はけのいい土地にするため田んぼの畦は必要なんですね。

 

もぐらさんの穴ばかり、畦をしっかり作ってくれる機械があるようですが。

よくわからんので、体力任せにクワで頑張るさ。。。

 

www.tocoplus.com

 

www.tocoplus.com

 

少しつづではあるけど、前進したり、仕事で農活できず後退することもあります。

手を抜きつつ、時にはがんばって手を入れていく。

頑張りすぎないことがいいのかな。

 

続けれる間はやろうとおもう。