toco plus +

日々思うことの散文。文章を書きながら自分をみつめなおしています。いまは田舎で農業をすることになりまして、主にその活動記録を書いてます。兼業なので、普段はサラリーマンですよ。

目的の共有よりも時間の共有が時には欲しくなる

毎日遅くまで仕事。

どうして自分だけが大変なんだろうって感じた事ないですか?

 

 

きっとそれ、みんなとゴールのイメージが共有できてないから です。

自分一人で背負い過ぎてる、もしくは職場の雰囲気的にだれも助けてくれない状況に陥ってるかのどちらかです。

 

 

最初に自身がゴールをイメージしたら、やっぱりプロジェクトのメンバーにも同じように

ゴールのイメージを共有してもらうことが大切なんです。

目的の共有は、仕事に対する個々の責任感を高め、プロジェクト全体の納期・成果物レベルに影響してきます。

 

f:id:tocotocokuwana:20200816005326j:plain

 

 

仕事の対価

 

作業をしたらお金(対価)がもらえる。

また、その作業の時間に見合った金額がもらえる。

→ 仕事ではなく意図的に作業と書きました。

 

 

今の時代これじゃだめなんだと思います。

 

どんだけ時間かけても仕事で成果がでない限り

結局それは自分が働いたと勘違いしてるだけで、実は前に進めてないんだよ。

 

それに気付けるか? です。

 

その無駄にかけた時間でお金をもらう権利はある?

そこに疑問を感じることはできるのか?

(いまはお金の話ではないです。精神論です。働いた分のお給料はもらってくださいね。)

 

それって本当に必要だったのかな?

なんのためにその作業したんだ?って思ったことないです?

 

目的を知った上でアウトプットしてきたもの、

言われたことを忠実に守ってアウトプットしてきたもの、

 

どちらのアウトプットもありはありなんですけど。。。

 

私は前者の考えで仕事をしてくれる人がほしいです。

場合によっては後者も必要なんですけど。(この話題では前者のような人が必要。) 

 

 

今やってる仕事の必要性を常に考えること。

そのために、着地点をしっかりイメージして仕事を進めること。

そして、そのイメージをともに共有することが一番大事だと思います。

 

 

 

プロジェクトリーダからみた視点。

メンバーからみた視点。

双方がうまく絡み合っていくことで、仕事はとても円滑に進みます。

そして、その場合きっと仕事が楽しいと思えるはずです。

 

 

www.tocoplus.com

 

仕事はつくるのも?与えられるもの?

ひとりで背追い込んで、疎外感を感じながら仕事を回してるリーダって、

ほんと多いんじゃないかと思います。

 

背負いすぎると、部下はどうせ〇〇さんがやってくれるからそこまでやらんくてもいいか?

と、考えてしまう恐れがあります。

 

 

もしくは、心配性で部下に任せれずに全部自分でやらないと不安で仕方がないって人。

どうして、責任のある仕事を任されないだという不満から

モチベーションを下げるメンバもいます。

 

 

楽しく仕事ができない原因は、本人側にもあるんですよ。

 

 

しっかり伝えることをせず、自分でやった方がはやいと考えてしまうひと。

タスク抱えすぎで吐き出せてないひと 

 

とかはよくそうなるとおもいます。

 

 

確かに会社にはいろんなひとがいます。

思い通りになるということのほうが少ないんです。

 

 

言われたことしかしないってひと。

言ってもちゃんとやってくれない人。

仕事の流れがわからないからどうしていいかわからないひと。

というか、早く帰りたいって常に思ってるひと。

 

会社の仕事をアルバイトみたいに時間給でしか捉えてない人っていますよね。

時間を消費すれば働いたと感じてしまってることがイタイですね。

 

 

目的を達成するためにどのようにこのタスクをいつまでに終わらせて、この日までにここまでわかっていれば良くて、この作業が始まるまでにこれを完成すれば大丈夫ですよね?ってところまで考えてほしいってことです。

 

 

自分はしっかり成果につながる仕事ができているのかと

常に考えながら仕事をしてる人ってどのくらいいるんでしょうね。

 

 

 

なんか疲弊してきました。疲れてるんでしょうね。。。悲

 

 

プロジェクトのためにしなければいけないと考えるタスクが

自分の中でどんどん溜まっていくけれど、それを共有しにいくのが正直 面倒になる。

 

どうメンバにタスクを引き受けてもらえばいいのか?

考えてる時間がない、余裕もない。

振ればいいんだよってそんな単純なことじゃないんだよな。

 

ちょっと前は、丸投げOK 〜て感じで時間もたくさん使えたので、できたことが

みんな時間を意識し始めると、もっと細かい情報を求めだすんですよね。

 

www.tocoplus.com

 

 

一歩先を一緒に考えてくれる人

あなたの周りには自分と一緒に一歩先を考えてくれるひといますか?

なかなか、いないとおもいます。

 

自分一人でいつも最後まで踏ん張るって身が持たなくなってきますよね。

どちらかといえば、精神が持たないですね。

体力は全然大丈夫だけど。

ひとりでやらないといけない仕事がずっと続くとちょっと気持ちが沈んできます。

 

 

 

大変さを感じ取ってか、がんばってくださいねーと距離を置く人、

あーは成りたくないと思って近寄ってこない人もいます。

 

 

わからんでもないんです。

私もそういうところは少なくともある。

みんな、自身のタスクの消化でそれどころじゃないときは

余力もないし他人にカマってられないって正直思います。

 

 

人によっては会社の仕事の優先順位 < 他の副業って人もいます。

そこは私は否定しませんし、そういう生き方を選択しているひとの邪魔はしたくないとも思います。

プライベートは大切です。

会社の仕事自体が、保険という扱いの人もいると思います。

 

 

www.tocoplus.com

 

 

でも、ですね。

だれかがやらないといけないって時に、自己犠牲を払ってでも

行動を一緒にとってくれるって人がいると救われる気がします。

 

 

どう引き込むか、一緒に悩んでくれるか、考えてくれるか?

いまやっておかないとこれって、ヤバイよなって一歩先を共通イメージできる人。

あんまりよろしくないけど、プライベートな時間に仕事の話を聞いてくれるとかね。

 

 

たとえ、スキル面ではまだまだ足りてない新人であっても

ゴールだけは一緒に目指してくれると心がほっこりするものです。

 

目的の共有も大事だけど、時間の共有が時には必要だったりします。