toco plus +

日々思うことの散文。文章を書きながら自分をみつめなおしています。いまは田舎で農業をすることになりまして、主にその活動記録を書いてます。兼業なので、普段はサラリーマンですよ。

ひとり農業戦略会議:田んぼでとれる米の量を把握する

農活中の toco です。

 

前からやらないとな〜と思っていたんですど、なかなか機会がなかったので放置してた。

農業の経営というかなんかしっかり帳簿をとっておかないといけないと考えてました。

父はそんなことやってなかったようで、何一つ数値のデータというデータは残ってません。

 

 

もう8月、来月のなかばには早い事に稲刈りの時期を迎えます。

やっと穂がつき始めてきたと思ったら、その後には収穫が待ってます。

忙しくなりそうです。

9月は仕事も忙しい時期なんだけどこればっかりは時期が決まってるのでね。

 

 

ということで、いまのうちに耕作地の情報などをまとめてみました。

今年からは、どのくらいの面積でどの程度のお米が取れたかを記録していこうと思います。

 

 

これまでは、ただ熟すだけで精一杯だったため、記録なんかしてなくてあんまり把握できていませんでした。

苗の発注数だって、去年これくらいって覚えておけばいい感じ。

余ったら返却すればいい、足りなかったらJAに追加してもらえばいい。そんな感じ。

 

でも、ただただ、赤字だなーと思って一年間やってみたって感じです。

これからはしっかりと把握していかねばと思います。

父は田んぼの角から角まで苗を植えて、感覚も少し狭めてたくさん植える人でした。

多く植えればたくさんお米がとれると思ってたんでしょうね。 笑。。。

 

私の場合は、そんなに量にこだわってなく、田んぼを維持できればいいなと思ってるので、

畔の近くは植えない。稲の間隔も少し広めにとる方針で今年は植えました。

昨年とどれくらいの量が変わるのかちょっと実験してるところです。

 

 

10アール(1反)で とれる 米の量

 

水田で栽培する稲の10a当たりの収量はおおよそ 530kg

(8〜9俵くらいってところです。)

主食 コメの人が一年間に食べるお米の質量は約60kg(1俵)です。

 

なので、ひと家族の一年分のお米を自分で作ろうと思ったら1反の田んぼを1個だけ

維持すればいいんです。

その程度の広さであれば、機械がなくても手で植えることも可能な規模です。

ま〜そんなことしないですけどね。

そう思うと、各家庭が農機具をそれぞれ購入して稲作をしていくということは

とても無駄でお金がかかるものだなと感じます。

 

www.kubota.co.jp

 

f:id:tocotocokuwana:20200815005106j:plain

 

 

ちなみに、土地の面積の単位 覚えてください。

1a (アール)は 10m×10mです。

10aはその10倍ね  約33m×33mです。

広さのイメージつきましたか?

 

 

耕作地まとめ:水田(稲作)

私の田んぼリストです。

今年は3箇所の土地です。

点在してるので、ちょっとめんどう。

 

土地a :作付面積(15.8a)

圃場整備費用を昨年払い終わりました。

年間10万も払っていたようです。

そこまでして、田んぼを続ける理由ってなんだろうなって思いましたが、

払い終わるまで父はよくがんばったなーって思いました。

 

地区の人と草刈りとかを共同でやらないといけないとか面倒な土地です。

もう慣れましたが、まだ私が若い部類なのでやり辛さを感じます。

が、もう借金?ローンの返済もないので、あとはお米を育てるのみです。

 

<目標>

15.8aなので約840kgのお米がこの土地aではとれるはずです。

14俵くらい。

さて、今年はどの程度とれるでしょうか・・・。

 

www.tocoplus.com

 

土地b :作付面積(21.7a)

ここは借りてる土地です。

借りるといっても、現金は払ってないです。

採れたお米を玄米で2俵分渡してます。なので、120kgほどですね。

JAでの買取金額で換算すると、大体 年間2〜3万程度。

高いような安いような。

苗代も肥料代も、お米の乾燥代とかも自分持ちだしな。ん〜きっと高い?

 

親が結んだ契約なので、取り敢えずそのままですが。

親戚のおじさんいわく、いまどき金とって田んぼかしてるとこはないぞ

っていってるくらいなので、どーしたものかってかんじですが。。。

 

まーこの田んぼで、昨年は20袋くらいは採れたと記憶してまして、

それなりにメリットはあるんじゃないかなと思います。

続けるだけやりましょうかね。

 

<目標>

21.7aなので約1150kgのお米がこの土地bではとれるはずです。

19俵くらい。

 

 

www.tocoplus.com

 

 

土地c :作付面積(17.6a)

水路が壊れてる土地です。

私が一番愛着をもって開拓してる土地です。

水さえ入ってくれたらなー。

 

今年は水路なおしてみるか。

ソーラーポンプなぜかうこかないし。

毎年、しろかきたいへんになるなら、この土地は諦めるべきでしょうかね。

 

<目標>

17.6aなので約930kgのお米がこの土地cではとれるはずです。

15俵くらい。

 

www.tocoplus.com

 

 

耕作地:追加予定

話の成り行きで作ることになりました。

大丈夫かな。

がんばろう。会社の人呼んでこようかな。。。

 

土地d :作付面積(たぶん10a程度)

来年から作るために借りることになった土地です。

親戚のおじさんに、水が入らない土地cの代わりにこっちつくれと

言われて借りることになった土地です。

 

タダで貸したるわとのこと。

腰をいためたようで、もう田んぼはやってないようです。

他の田んぼも貸してるようです。

 

そこまで広くはないですが、水はちゃんとはいるみたいです。

今年は草が生えないようにしろかきだけしました。

少しは慣れてきたし、近くの田んぼなのでやることにしました。

 

追加で必要な経費としては。。。

苗代、肥料代、農薬代、あと獣害対策用の電柵を追加で購入しないといけないくらいかな。

 

昨年度はこの田んぼ作ってないので、肥料はそこまでいらないはず。

今年、父の時に振ってた農薬の量から半分に減らして作ってますけど、

そこまで草の生える量は変わってないので、そこも節約しています。

電柵は2〜3万するので、追加で購入しようと思います。

 

10俵くらいあとれるとして一年で、元手はとれるかなと思います。

頑張りましょう。 

 

土地e :作付面積(たぶん10a程度)

土地bの地主さんが、追加で貸してくれることになりました。

土地dの横にあり、まとめて作業出来るしいいなということで、成り行きそうなりました。

追加の年貢はいらないと勝手に思ってます。笑

 

ただね、いまそこ草茫々なんだよ。

草刈りもされてない土地なので、これは骨がおれそう。。。

 

これは今年の土地cのような状況になりかねないので、しっかり田んぼを焼いておかねばいけません。

 

土地dの横にあるので、一緒に電柵は設置できそうなので、ちょうどいいですね。

追加費用も最低限となりそうです。

 

 

最後にひとこと

 

耕作地が増えるとそれだけ手間がかかるのですが、

田植えと、稲刈りの時期で多少休みをとればこの規模であればまだ対応できるとは思います。

 

草刈りだけが正直なところ面倒なんですよね。

畔草を刈らなくてもいいような仕組みないんですかね。

 

田んぼの中だったら、土を耕しておけば草が茂ることはありませんので、

稲刈りのあとに一回、春先にもう一回、田植えの前に一回。

トラクターで、たくさんドライブすれば草はそこまではえはしません。

 

一年間今年やってきましたけど、畔草を刈るのにかなり時間をとられてるきがします。

少しずつ、畔をコンクリートでキレイにしていこうかなと思ってる次第です。

 

www.tocoplus.com

www.tocoplus.com