toco plus +

日々思うことの散文。文章を書きながら自分をみつめなおしています。いまは田舎で農業をすることになりまして、主にその活動記録を書いてます。兼業なので、普段はサラリーマンですよ。

女性社員への業務指導

あなたの職場では女性は活躍されてますか?

職種によると思うのですが、理系の職場にはやはり、まだまだ少ないとおもいます。

 

 

男性ばっかりの職場でずっと仕事をしていると正直楽しくはない感じてしまうんですよ。

むさくるしい男子とばかり仕事の話をして、色気もない、楽しい話題も少ない。

そんでもって 臭いんですよね。

 

そう、男臭いんです。おじさん臭いんです。

悲しいことに 加齢臭いっぱいの職場で日々仕事をしてるということです。

 

 

そのにおい。

自分も一旦を担っているんだろうか。。。

 

って、自分は清潔にはしてますよ。

でも、もう年齢的には臭っていても不思議でもないのかな。。。(笑)

 

 

 

臭いはさておき、やっぱり職場は明るい方がいいです。

そんな楽しみのない職場で仕事をしていても、良いアウトプットが出るはずがないじゃないですか〜〜〜〜。

と、冗談交じりではありますが、上司との面談の際にはいつも、職場に女性社員を入れるべきだと言い続けてました。

 

 

 

どうせ入ってこないわとタカをくくってました。。。

入ってきてもまさか自分の部下には絶対ならないだろうと。。

 

f:id:tocotocokuwana:20200623233933j:plain

www.tocoplus.com


 

女性社員と男性社員 指導方法は同じでいいのか?

  

 

で、、、なんと入ってきてしまったので焦りました。

(あとで聞いたところ、私の現場の声が配属時の決定打になってそうでした。)

 

女性社員の配属はある意味 期待はしていました。

理由はいろいろあるんです。(前向きな考えと、ちょっとした下心と。。。)

 

 ・男性ばかりの考えでいいものができるはずがない。

 ・女性の感性、視点を取り入れていままでとは違うことがしたい。

 ・いい意味で緊張感がでる。

 ・職場の雰囲気が明るくなる。 (可能性もある)

 

 ・単純に女性と仕事がしたい。当然です。

 

 

 

私の職場はガチで理系の職場なのですが。

よくもま〜、ここの職場に希望して入ってきたな〜という感想です。

 

 

私の職場は事業部の中でも結構忙しい部類に入ります。

さらにその中でも無法地帯と周囲からは思われてるところです。

そんなところに、新卒の女性社員を入れてくるか。。。

 

希望したは私だが、普通送り込まないだろうってところに入れ込んできたなという感覚です。

男性社員でもここの職場は敬遠するほど嫌がられてるところです。

社会人一年目を楽しく過ごさせてあげてからここの部署に回ってくるならまだしもね。

 

 

 

なので、引き込んでしまったので自分の 責任・・・。

仕事ができるように面倒をみるのも 自分です。 

 

私がなんとかしないといけないのは確かです。

 

 

 

正直、どう接していいのやら。

男性社員ばかりを教育してきた私に、女性社員の指導ができるのだろうか。。。

 

正直 自身は無いです。

いままでのやり方が有効的なのかどうか見当もつきません。

 

しかも、このご時世なので、場合によってはこちらの首が飛ぶ可能性も十分にあります。

世間はパワハラ、セクハラ、モラハラ?なんでもかんでもハラスメントじゃないですか。

どうしましょう。。。

 

 

 

配属された新人は、すこしおとなしい感じなので、余計にさじ加減がむずかしい。

今時の女の子って感じの新入社員。。。ですね。

 

 

指導方針は変えたくない。

 

女性だからといって、手を抜くとか甘やかすということはしたくはありません。

より良い製品設計をするという目的に対して、同じ力量で仕事をしていきたいのです。

 

男だろうが、女だろうが関係はありません。

 

 

しっかり目的を理解してもらい、仕事を覚えてもらうというのは当たり前なこと。

その上で、基準だったり、品質に対しての考え方などの感覚を身につけてほしいと思います。

 

 

でもね。

指導方法の基本は変えないがアプローチはしっかり考えなければ。。。

と今回ばかりは感じています。

 

 

男性社員と同じ指導方法ではきっとうまくいかないと思います。

はい、なのでこの記事を書くまで結構、試行錯誤しています。

(半年くらいこの記事 ねかせました。)

 

やっと最近、上司・部下という関係性がうまくとれてきたのかなと感じています。

うれしいかぎりです。 

最初はうまくかみあわず、怒って帰ることも何回かありましたけど、最近はとても仲良しです。

 

 

なんだかんだで育ってきてくれる部下もいますが、社員ひとりの人生を台無しにすることはしたくはありません。

 

私と同じ境遇にある方々へ申し上げたい。

女性社員への適切かつ有効な指導方法を勉強することは必要です。

仕事の任せ方も同じではだめです。

 

 

 

そこらへんの男性社員とは違い、女性社員のアウトプットは確実かつ効率も半端なく集中力もよいです。

使えない男は結構います。

 

私は女性社員がたくさん活躍できる職場こそ、これからはあるべきだと思います。

 

女の人を怒らせない技術――マンガでよくわかる女性とのコミュニケーションの鉄則
 
儲かりたければ女性の力を借りなさい

儲かりたければ女性の力を借りなさい

  • 作者:小山 昇
  • 出版社/メーカー: 商業界
  • 発売日: 2014/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
一瞬で心をつかむ 女性部下マネジメント

一瞬で心をつかむ 女性部下マネジメント

 

www.tocoplus.com

www.tocoplus.com