toco plus +

日々思うことの散文。文章を書きながら自分をみつめなおしています。いまは田舎で農業をすることになりまして、主にその活動記録を書いてます。兼業なので、普段はサラリーマンですよ。

野焼き 〜 田んぼ再生 〜

農活中の toco です。

今年はブログも再開していこう。(と、思う。。。) 

 

 

農活 = ほぼ草との戦いだと思えてきました。

 

 

本日は、草ぼうぼうだった田んぼの野焼きをしてきました。

お風呂入った後でも、鼻の中まで炭くさいです。

きっと二日くらいしないと元に戻りません。

 

お風呂に入る前に、テッシュで鼻をこじったところ真っ黒。

灰を吸い込みまくってるんでしょうね。

マスクした方がよかったね。

 

野焼き

 

ちゃんとしかるべき時期に、土起こししていればこんなことはしなくてよかった。

正月休みが2日潰れました。

 

身体を酷使したので筋肉痛です。

即日筋肉痛になるのは若い証拠ですって喜んでる場合でもないです。

しんどいっす。

このまま明日から本業に復帰です。

 

 

草を焼きながら、雑木林の竹を切り、畔の崩れたところをなおしたりと

荒地を整備するにはやることいっぱいです。

 

 

田んぼの横に雑木林があるから、気をつけて焼かないと山火事になっちゃうので

少しずつ端っこで焼きました。安全第一です。

なので、かなり時間かかりました。

 

f:id:tocotocokuwana:20200105222803j:plain

 

ちなみに焼く前の状態はこちらです。

f:id:tocotocokuwana:20200105222952j:plain

 

(補足)

野焼きは原則禁止されてる行為です。

昔はそこまで気にされてなかったのですが、最近は都市部ではもちろんですが、

地方でも結構うるさくなってます。

田んぼの畦焼きだったり病中駆除のためにやむを得ず行う必要がある場合のみ、

近隣への配慮を十分に行い実施するものです。

 

消防署への届け出は必要です。

 

今回野焼きした田んぼは民家からは離れたところにあるため

苦情よっぽどきません。

 

 

おじさんの知恵

 

今回は、農活初心者が難易度の高い作業を行うため、

お目付役が付いてくれました。

(感謝で〜す。)

 

いろいろご指導もらいました。

 

枯れ草はあまり高く積まない方がいいです。

炎が燃え上がりやすく火力が強くなります。一気に燃えますので注意です。

 

田んぼに落ちた種子もなるべく焼いてしまいたいので、草は平らにして広げて焼いた方がいいとのことです。

 

通常の畦焼き、野焼きは田んぼ一面をまんべんなく焼く感じだと思います。

刈り取りしたときにわらがおちると思いますが、田んぼ中に落ちたワラを焼いてしまうかんじです。

その場合は、そこまで火は高くならないし、じわじわ焼いていけます。

 

最近は、焼くことは極力しないようで、

コンバインで細かく粉砕しながら刈り取っていくといいらしいです。

そのまま土にすき込みしてしまうのです。

稲刈りのときに私もそれしたかったんですが、コンバインがショボくて何度か詰まったんですよ。

もう粉砕せずにそのままワラを垂れ流して刈り取りました。

(これも実は草取りをサボった代償です。。。ヒエが絡むと詰まるんです。)

 

 

今回は、稲のワラではなく、雑草です。。。

 

草の刈り方もおじさんいわく、

道をつくるように線にして焼いていくとちょっとづつやけてくので、安全にやけるとのことです。

左右に草をよけていく感じに刈ってやると効率がよいです。

農業熟練者の知恵ですね。

勉強になります。

 

 

 

草刈機の刃も各種持ってるようで、自慢話を聞かされること数十分。。。

授業料か。

草刈機の次は草刈り中にはくナイロンのズボンも力説でした。くっつき虫がつかない奴ね。

後ろのケツの部分だけ破れてるの気になってたんだけど、これも夏場の蒸れ対策らしい。

ビリビリにワザとやぶってあるらしいです。

 

蒸れ対策といえば、服にファンついてるもの着てたことあります。

服の内側にバッテリーはいってるすよ。

 

こんなやつね。

 

ちなみに、草刈機の刃も参考に

 

これとか

鬼の爪 草刈チップソーNEW赤鬼 230x36P

鬼の爪 草刈チップソーNEW赤鬼 230x36P

  • メディア: Tools & Hardware
 

 

これも 

 

 これもあったかな。

 

もう、自慢に近かったので、あんまり覚えてないです。。。

おじさんの中では使い分けがあるんでしょう。

 

 

最後に

 

野焼きは風が強い日は出来ないし、雨降った後は草が濡れてるし農作業ってほんと天候に恵まれてできるものですね。

火を使う作業なので、1日その場にいないといけません。

 

 

冬場は日が暮れるのがはやいので、5時過ぎくらいまでしか作業もできない。

私の体力もそこまでもたないので同じか。

 

 

あとは、草は取り除いたのであとは耕運機で耕すのみ。

休みがまた取れないのでしばらく放置になりそうですが、1月中にはやってしまいたいですね。

 

他の田んぼは稲刈りの後にざーっとならしたので比較的にましですが、

もう一度ならしておきたいところです。

 

www.tocoplus.com