toco plus + 人間観察

人間観察から自分をみつめること。日々思うこと。三重県桑名市の空き家活動記録など書いてます。

1日前の新聞をミル。

職場の朝の風景です。

ゴミ箱から拾った新聞を読んでいる人がいます。

 

ゴミ箱というのは、ちょっと表現が的確ではないのですが古紙回収のBOXのことです。

 

昨日の新聞は次の日にはそこにあるので捨てられたものです。

それを拾い読みしているということになります。

はい無料です。

 

 

コーヒー片手に読んでいますので、毎朝の日課のように思われます。

なのでこれは計画的にタダで拾い読みをしているということです。

 

私は何度かこの光景を目にしていますが

なぜだろう、この人は賢い選択をしていると思ってしまうのです。

 

f:id:tocotocokuwana:20181110112712j:plain

 

 

新聞はその日に読むものなのか? 

 

新聞拾い読みおじさんですが。。。

情報としては1日前の新聞なので、昨日の記事を読んでることになりますね。

 

タイムリーに情報をしらなくてもいい人にとっては新聞を読む時間が、1日遅れたとしてもなんら問題ありません。

わざわざその日のニュースをその日に知らなくてもいいのです。

情報を知っておくという意味であればそれが1日前の新聞だったとしても有益です。

 

私の場合は一週間分の新聞を休日の朝の時間にまとめて熟読します。

(捨てられた新聞までは読みまではしませんけど)

平日は、電車でブログを読み、ネットニュースで、へ〜〜〜と思っているだけです。

 

 

新聞を読む人というのは、日課として文字を読むということが当たり前となってしまった人が多いと思います。

人は文章を読むことで日々賢くなっていくものですから。

小学生には新聞を読ませたほうがいいとよく聞きます。私もそう思います。

 

 

新聞を読む行為は、ただ時間をうめるためだけということもあります。

う◯こがもよおしてくるまで読んで待っているだけということもあります。

新聞じゃなくても雑誌・読み物があればいいのです。

 

人間はそうやって何もしない時間をなくそうと常に情報を自身に取り込もうとしているのです。 

私の場合は、ただただ何もせずに待っているのはもったいないと考えてしまう傾向があり、無意味にスマホの画面をいじってしまう。

なにか面白いことはないかなとついグーグルさんで検索することも多々あります。

 

 

 

情報は生き物です。

その日、その情報を知っているということはとても貴重なことです。

新鮮な情報でなにか生活の糧にしているひとはお金を払う価値があって払うのでしょう。それに見合うだけのインカムがあれば安いものです。

株で1日で数百万と儲けれる時代です。

 

 

その日に読むため駅のホームで数百円払いその日にその情報を知る。

月に3000〜4000円程度の情報料です。

 

 

 

ただ、昨今は紙媒体の新聞では情報が古い・遅いといったところでしょうか?

SNSで情報を吸い上げれます。

スマホをみれば、速報が飛んできます。

1日一部の新聞なんかよりも確実に早いです。

 

新聞を購入してまで読むことのメリットってなんなのでしょうか?

f:id:tocotocokuwana:20181110112729j:plain

 

www.tocoplus.com

 

 

新聞は有料電子版へのシフトが加速化

 

日経新聞、朝日新聞、毎日新聞、中日新聞。。。。

有料電子版が各社あります。

いまや紙での発行部数は年々減り続けています。

時代の流れですね。

廃品回収が楽になっちゃいますね(笑)

 

地域店の折り込みチラシ、TV番組表、紙であるだけですぐ見れるというメリットはあるんですけど。自宅でしか読めない。

デジタル化がもっと進めば、新聞の紙媒体は減り続けることはまちがいなさそうですが、完全になくなったら、天ぷら油はなにで吸えばいいのか?って話ですよ。

 

 

スマホを見ればYahooニュースで流れてくる情報でも、十分、世の中で起きていることは把握できます。

 

 

新聞でもネットニュースでも読み物という意味ではどちらも同じです。

でも書いてる人も違えば、新聞社によって記事の質も違う。

 

個人ブログもそうですね。

私のしらないことをいっぱい情報として詰め込んでくれて、ご丁寧におしえてくれるものです。ちょっとした時間の隙間を埋めてくれるだけの情報量を有しています。

 

 

これからの新聞に必要なのは付加価値でしょうか。

ただ伝える。正確に。というのが新聞かもしれませんが。

 

読者伝えたいメッセージ、納得のいく考察。共感のできる読み物というのがこれからはのこっていくのではないでしょうか?

 

新聞紙というのは、 ただ情報が書いてある紙ではない。

読む人(使う人)によっては、時間をうめてくれるツールです。

 

縁側で新聞を広げながらお茶を飲むのも楽しい娯楽かもしれません。

しかも1日100円程度で楽しめるなんて。

 

 

www.tocoplus.com