toco plus + 人間観察

人間観察から自分をみつめること。日々思うこと。三重県桑名市の空き家活動記録など書いてます。

仕事への取り組み姿勢は人それぞれだ

仕事のやり方にこだわりってお持ちでしょうか?

 

姿勢は人によって違います。それは当然です。

会社にはいろんなタイプの人間がいますからね。いい意味でも悪い意味でも。

 

上司、部下、同僚、顧客、協力社員、書記さん、清掃係のおばちゃん。

ちょっと大きな会社であれば、たくさんの人と一緒に仕事をするということはあたりまえです。どうせいっしょに仕事をするのであれば、人間関係はいいことにこしたことはありません。あなたの仕事に対する姿勢をだれかがどこかで観察してることでしょう。この人と関わるといつもドタバタに巻き込まれるな・・・とか。あの人できるひとだ、頼りになるし一緒に仕事してみたい! とか。この人と仕事してると楽しいって感じにね。職場の雰囲気はそこにいる人たちの姿勢でいくらでも変化するのです。

 

www.tocoplus.com

 

私は周囲の人にどのように写ってるのかな。

 

f:id:tocotocokuwana:20180701224454j:plain

 

あなたはどんな感じで仕事に取り組んでますか?

いくつかあげてみましょう。

 

 

・責任感を持って与えられた課題に対して最後までやりきろうと頑張る。

・生活のために必要最低限の仕事だけを行う。

・自分は頑張ってるつもりなんだけどいつも空回りしてしまう。

・仕事が楽しくて仕方がない。時間がいくらあっても足りない!!

 

などなど。例をあげればきりがないですね。

 

そう、働き方は人それぞれなんです。

 

 

働き方改革について考える。

 

働き方改革だ!!!って世間ではさわがれてますよね。

これから数年かけて会社における業務時間を制限されていくでしょう。でもやらないといけない仕事量が減らされるわけでもないのです。おかしいでしょ?

仕事を抱え込んでいる社員もさながら、それを管理する課長もたまったもんじゃないと思います。正直誰がその仕事を片付けてくれるんだろうかと吐き気がします。

 

労働組合からは残業時間が。。。みたいなことを言ってますね。正直、辛いと思ってる社員がいることは確かです。でも、働きたいと思ってる会社員もいるのです。

 

 

仕事が楽しくて仕方がない人にとっては、働く時間が少なくなることで、逆にストレスになるってこともありうるのでは?

いっぱい働きたいって人は私の職場にはたくさんいます。家に帰りたくなくて、会社にいるほうがいいって人もいるでしょうけど。仕事をすることでしか自分の存在意義を確かめることができないってこともあるかもね。男ってそんなとこありますからね。

 

 

 

でも、前向きに考えましょう。世の中の流れには逆らっても一人ではどうしようもない。プラスに考えよう。

 

 

自分の時間が少しできることによって、新しいことを始めるきっかけができますね。特になにもすることないと思ってるあなた!子供のために早く帰って一緒に遊んであげてください。ご飯でもたべに連れて行ってあげてください。なにか習い事でもしてください。

 

心と体に余裕ができて生活が豊かに感じられることでしょう。

 

いいことですね〜?

 

 

 

でも本当にそれっていいことですか?

 

収入が減るのでは?

 

働くことができる時間が少なくなる(制限される)ことで、人というのは効率的に仕事を片付ける方法を考えたりします。長時間労働ができていたので、やり方を変えずに時間のかかる方法で仕事をやってしまっていたのかもしれませんね。働ける時間が限られているからこそ、期日までに終えるための手段を選ぶようになるわけです。

 

でも、そんだけ個人が効率よく仕事を達成しても自分に支払われるお給料が減ってはこまりますね。効率的に結果を出したものを会社が適正に判断できるとおもいますか?

絶対そんなこと定量的に出せません。

きっとサラリーマンの手取りは働き方改革のおかげで激減します。

 

早く帰れるから飲んで帰ろう。

稼ぎも減るのに遊んで帰ってきたら意味ないですよ。経済が潤う?会社員の収入が減ればそんなことはないはず。そのうち、みなさんお金に困りだすのでは?と思ってる次第です。

 

 

才能のある人はなにか他にできることを探して収入を増やそうとするでしょう。そういう人はいいと思います。でもそうできない人って絶対います。

業務の内容に特殊性があって、その会社では能力として認められるのに他の業務では全くもって利用価値がないスキルで飯を食ってるひと。残業時間を減らされれればそういう人たちは生活ができなくなってしまいます。

 

自分の才能で副業なんかできないということになるんですよね。

 

会社員なのでコアタイムは拘束されます。5時からバイトがあるからと行って堂々とダブルワークすることもできない人が大半です。副業禁止も解かれず残業制限だけされる。会社に黙って副業もできない。主たる業務に支障を与えてはいけない。だったら残業をしたほうが時間給もバイト代より絶対高い。

 

会社のためになる講習を受けにいく。会社からお金をだしてくれる。

会社のために資格をとる勉強をする。会社からお金をだしてくれる。

 

 

働き方改革なんかより、社員のスキル向上のための会社の仕組み改革をしたほうがよい。 会社という規模ではなく、国策としてやればいいと思う次第だ。

 

人は働くというと拒否反応をだす。でも能力向上のためと言われれば本気をだす。

 

 

仕事に必要な経費をもっと社員に還元すべきだ。

 

2.特定支出控除の具体例(抜粋)

サラリーマンが特定支出控除として控除できるのは、業務上必要な経費のうち以下に該当するもの。

 

・職務に直接必要な技術や知識を得ることを目的として研修を受けるための支出(研修費)

・職務に直接必要な資格を取得するための支出(資格取得費)

次に掲げる支出(その支出の額の合計額が65万円を超える場合には、65万円までの支出に限ります。)

で、その支出がその者の職務の遂行に直接必要なものとして給与等の支払者より証明がされたもの (勤務必要経費)

・書籍、定期刊行物その他の図書で職務に関連するものを購入するための費用(図書費)

 

 

 

あとがき。

 

自分が何をしないといけないか考えれる人がこれからはとても必要になってくると思います。普段、会社の中で仕事に対する姿勢だとかで熱く議論することってないのでは?

 

でも、そういうところを社員同士であるべき姿を言い合っていくってことはすごく大切だと思うんです。会社は自分たちが作るものなんです。雇われですけどね。

 

会社は人生の中で一番長い間働く(生活する)場所です。いい働き方(生活)できたらうれしいじゃないですか。(楽しいじゃないですか?)

 

きっと中には、物事を深く考えずに与えられた仕事をこなす日々を過ごしている社員もいると思います。でもそれは上司がやることを指示をしてくれいる間だからです。

 

この仕事いつまでにやりきらないといけないのだろうか?

それをやり切るためには自分だけでできるのだろうか?

手段はこれでいいのか・・・。

 

その仕事をやるにはこれが終わってないとやる意味がないよな。だからこうやってやっていけばうまくいきそうだ。

 

そうやって行動してる人はとても少ないはずです。

 

あなたはこれからどんな働き方をしていきたいですか?

 

 f:id:tocotocokuwana:20180701224346j:plain