toco plus + 人間観察

人間観察から自分をみつめること。日々思うこと。三重県桑名市の空き家活動記録など書いてます。

ついにこの時が来たのか?組織が変わる期待

私の職場では、1月というのは組織が変わる時期なのです。

ついにこの日が来た‼︎ と、正直思いましたね。 

 

一年間我慢してついに光が見えたかなと思う。

今年は良い年になりそうだ。

 

 

管理職の移動の意味

 

管理職が全く違う分野の部署に異動になるということはどういうことなのか?

 

この1月にずっと上司だった人がローテといって職場を離れていきました。

もう、直属の上司ではなかったのですが、私が配属されたときから、近くいて、なにかと私に仕事を押し付けてくる上司です。

 

最近は正直、しんどかったので距離を置いて仕事をするようになっていたのですが、この1月に全くの畑違いの部署にいくことになりましたとさ。

 

めでたし、めでたし?

 

f:id:tocotocokuwana:20180117082405j:plain


 

 

でも、ローテってなに?

日頃の成果が認められて、階級があがる人も中にはいます。

 

それが、ここに来て。ローテ?

部下の一人も連れて行かずローテ???

 

 ん〜、まっ。そういうことなのかなと私は受け入れてます。

 

 

最近、観察していた限りではいっぱい不具合出してたみたいだし、部下からの信頼もまったく無くなってしまった感じだったので、なるべくしてそうなったのかなと私個人は受け止めています。

 

表向きのローテの理由は職制たるものいろんな部署を経験するべきだということでローテを活発化させるというものでしたが、正直どうなんでしょう。

異動先の部署の方は今後 大変なんじゃないかと少し心配になりました。

 

 

 

最近、うまくいってないから、もう今の部署はいいよとも言えないですし。

職場の要求に対して、この職制ではできないと上が判断した結果だと思います。

 

 

もし仮に私がお上の立場だとしたら、課題山積みの部署に対して、本気で改善させたいと考えたのであればそれなりにできる人・信頼できる人をアサインします。

ただ単にローテで回ってきたような職制に改善もできるはずもない。

移動させた意図・目的がきっとあるに違いない。

 

その判断をしていただいたということで私は少し前向きに最近仕事をしています。

 

 

 それまではこの記事のような思いで仕事をしています。

 

www.tocoplus.com

 

 

管理者に求められるスキル

 

課題を課題ととらえず、問題だけをを整理してる管理職というのは正直いるだけ仕事が増える。業務投函箱みたいな感じですもんね。

ちょっと言葉は悪いですが。

 

長い間いれば顔は広くなる。なので、顧客からの相談事は増える。

 

でも、そこまで本人には能力はなく、部下に仕事をやってもらえないと一人ではなにもできない一管理職です。いつのまにか彼の周りに仕事を快諾してくれる部下はいなくなっていたという話ですね。業務量に応じた増員対応から目を背けてきたのが致命的だったんだろうなと思ってます。

 

 

時代が進んでいるが最近の業務はできない。理解もできない。

旧式のパソコンのような扱いになってますが、仕事も日々進化するのです。

 

実務をしない管理者は管理者にはなれないんです。

 

実務を実際にやらない管理者というのは業務の中身もやり方も、その課題さえもわからない状態にまで陥るのです。ましてや改善方法というのも思いつくはずもありません。

 

細かいところまでやれとは言いませんが、業務を把握するためには仕事の中身をみるしかないのです。部下のアウトプットをスルーで出す。これは一度や二度は許されるかもしれませんが、ずっと続けるとダメ上司の出来上がりです。

 

いまや管理職というのは人・物・金 だけの管理ではだめなのです。

しっかりと技術・情報も管理しないと、この先やっていけません。 

 

 

管理職のローテーションが部下に与えるもの

 

デメリットばかり。

 

ですよね〜。

 

多くの企業が管理者のジョブローテはやってるようなのですが、その効果はいかほどなのか?私たちにとっては無駄な仕事が増えるのでメリットが見えずらいですよね。ありますか?メリット。思いつかない。

 

いちから説明しないといけないし、職場にある共通言語的な単語?全部、説明がいるようになるんですよ。あと、新任上司の場合は、顧客と面識があまりなく、上司の報告の場に、私がついていくことが増えます。

まるで上司なのに、私の部下のような状態になってます。

 

 

幅広い分野の知識を身につけた管理者ができあがるかもしれませんが、そんな管理者いります?各部署で、スペシャリストがその長になればいいと私は思ってます。

 

ローテによってあたらしい発想が生まれるかもしれない!?

両方のスキルを身につけて幅広い範囲で仕事ができると期待はされるかもしれませんが、この情報社会で身につけるスキルはいくつあると思ってるんだ。

ずっとローテしてろって感じです。

 

 

管理者同士が相互に情報共有してなにかを生み出す工夫を今後は考えていったほうがいいのではないでしょうか?

専門者・先任者がその部署の役割・機能・重要度などを経営陣にしっかり説明する。

それをしっかり経営側が把握し投資することが重要なんだと思うんです。

 

 

ジョブローテが有効なのは若いうちだけだと思います。

適材適所を見つけるために。モチベーションを確保するために必要だと思います。

 

 

管理職への期待

 

職位があがるということは、責任の重さが増えると思うんです。

部下の人生に少なからず影響を与え、その人のキャリアをある程度決めれます。

 

自分の描いた組織を形成するために、右腕、左腕を作るということはとても重要です。

でも、腕達も筋肉痛になってしまってはうまく機能はしません。

 

仕事とわりきらず、部下との間に信頼関係を築くことが組織をうまく機能させることになるのです。

 

部下からの不満を聞き流してはいませんか?

いつも急な仕事をお願いしていませんか?

部下の成果は自分のものだと勘違いしていませんか?

部下への評価はしっかりできてますか?

 

 

では、管理職になってからローテされないようにしっかりと職場を見つめましょう。

世の中の管理者ローテは、都合のよい表向きな理由が作られてますが、大部分が冒頭のような感じではないのかと思っています。

 

一握りは、仕事の実績や成果を期待され戦略的な配属をされることもあるとは思いますが、だいたい、うまくいってない部署の管理者移動は冒頭のような裏事情があるのではないでしょうか?

 

www.tocoplus.com

 

 

www.tocoplus.com