toco plus + 人間観察

人間観察から自分をみつめること。日々思うこと。三重県桑名市の空き家活動記録など書いてます。

空き家にて:セカンドハウスを手にいれる

自宅とは別に部屋を借りる。

 

お金がある方は借りずに建てちゃってください。

私そんなにリッチマンではないので。安い部屋を借りてます。

 

 

f:id:tocotocokuwana:20170618000942j:plain

 

そんな生活を始めてからもう4ヶ月くらい。

あまり有効に使えてないと思うんだけど、本を読んだり、ブログを書いたりとても集中できる空間を手に入れたと思います。

 

tocotocokuwana.hateblo.jp

 

 

それなりに出費はあるんですが、節約すればなんとかなるようです。

コンビニとかでお菓子も買わなくなりましたし、外食も減りました。健康にもいいですね。あんまり趣味とかなかったんですがここでの時間は意外に有意義です。

 

 

 

さて、私のように、自宅とは別に部屋を借りてる人ってきっといますよね。多分。

 

それぞれの事情だったり目的があるとは思うんですけど。

どんな時に借りてるんでしょう。

 

 

通勤時間がかかるから

 

自宅が会社から遠く、会社の近くに1kくらいの部屋を借りる。

週末のみ自宅に帰るという具合。

 

会社の近くにマイホームを建てれる方ってうらやましい限りです。

でも、親の介護などを理由にこの対応をされてる方々がみえるようですね。

仕事でいそがしい人も、通勤時間を削るために会社の近くに部屋を確保したりするみたいです。レオパレスのように一時的に借りることも仕事の過渡期なんかでされてる人はいましたね。でも少数です。

 

 

自宅から会社までの電車の定期代  =  部屋代 

 

くらいにはなると思うんです。(少し部屋代の方が高いかな)

 

 

 

電車の定期代とかって全額会社持ちになりますよね?

いくら遠くたって。定期代が高くたって会社は払ってくれます。

 

でも持ち家があって、会社の近くに部屋を借りて、通勤定期はいらないよ〜ってな具合にはできないんですよね。住民票がある自宅から会社までの経路に対して会社は通勤費用を払ってくれるんです。

(正しく通勤経路を申請しないと懲戒処分になっちゃいます。)

 

 

でもさ、もうちょっと、個人の負担を軽減できるように補助のあり方を考えて欲しいものですね。赴任手当とかだしてもらえると一番いいですが、色々条件があるんですよね。1時間の通勤時間ではなり得ません。されど1時間なんです。

 

一ヶ月に1万〜2万くらいの通勤費補助までだったら出るんでしょ〜。

出せるんでしょう?ね〜。***株式会社さん。

 

 

仮に、一ヶ月に通勤費補助として上限2万もらえるとしましょう。

(例えばの話ですよ。)

 

自由に会社にくる方法を選択してくださいね!って言われたらどうしますか?

 

 

・通勤定期(2万/月以下) → 差分は懐へどうぞ。

  でも通勤時間は行き帰りで2時間かかる。

 

 

・1K借りる(4万/月) → 2万の出費

 でも通勤時間は会社まで5分!!!

 一日2時間 1ヶ月だと約40時間くらいが手に入る。

 1時間 1000円の副業ができたとしたら4万です。

 副業なくとも2万で月に40時間も何かに自由に使えるんです。 

 

 

ちょっとありもしない妄想モードに入りましたね。

でも、私が会社を設立して社員を雇用するに至った場合は上記のような面白い通勤費補助の仕組みを提供してみたいですね。 

 

 

 

 

次は。。。


愛人のために

なんか、一番多そうなきもするけど、自分の周りにはいない。

と、信じたい。いるのかなー。

 


このケースは完全に自己の欲望のためですからね。

勝手にしてくださいという感じです。

遊びもほどほどに。

 

 

私? そんなこと。。。。ないない。

 

 

 

次は。。。

 

実家が狭いから

 

実家の間取りが広くなく、週末だけプライベートで使えるように部屋をかりる。

実家には自分の部屋がないって人は 普段は家族と過ごし週末だけ、恋人だったり友人を呼べる部屋を持ちたい人もいるみたい。自分だけの空間って必要ですよね。

 

親とは近くにいたいけど、自立したい場合はいい手段ですよね。

 

そういう若者向けの低予算な賃貸があるといいんですけど、桑名市にはシェアハウスっってそんなにないよな。。。

 

って検索したら桑名にはないけど桑名の人はえらいことやってるわ〜

面白そう。桑名に作ってくれればいいのにね。

 

otonamie.jp

 

 

最後は。。。 


趣味のため

 

私もこれに当てはまるんですかね。

 

副業のための書斎として借りる人もいる。

作業スペースを確保したい。子供が邪魔で集中して取り組めないなどが理由。

 

小説やイラスト、漫画などの作品作りをされてるかたは集中できるアトリエが必要なのだろう。fxとかで節税のために部屋を借りるという話もよく聞きますね。

自宅だと経費とみなされないため、別に借りるのだとか。

 

今はパソコン一台あればいいようなきもする。スマホでもできる。

本気でやる人は環境も本気ですね。

儲かってる人はなにやっても許されるのだ。

 

また、友人たち何名かと出資し、共同スペースとして活用している人達もいるようですね。賢い使い方です。

  

 

終わりに。

 

世の中にはつかわれてないスペースがいっぱいあります。

もちろん私の住んでいる桑名市にも。あなたの街にも。

 

私は借りる側ですが。借せる部屋があるのに貸していない人もいるはずです。

 

 

今借りている空き家は賃貸として借りました。

私の場合は一軒家を借りてセカンドハウスとして使用しています。

 

貸せる資産をぜひお持ちのかたは何か初めて見てはいかかでしょうか?

楽しく有効に使えるといいですね。

 

確かに借りる側に少し余分にお金はかかります。でもそれで得るものも多いのです。

お金を払ったんだと思うと人間って面白いもので、つかわなきゃっ、利用しないとってなぜか、逆にあせったりもするんです。

 

 

最近、空き店舗、隙間時間といった「空きリソース」を活用したビジネスが増加してきていますね。桑名市ではあまりみないですが、むぎカフェさんでは紹介されてますね。

 

mugicafe.jp

 

 

今、私は借りる側ですが、いつか貸す側にもなってみたいと思ってるんです。

今はこの部屋での時間を楽しんでますが、提供する側になりたい。

 

何をしていけばそうなれるのか。全く考えてもいないのですが、言えることはただただ資産がない。

 

 

宝くじ よ〜〜 当たれ!

 

 

spacemarket.com

 

 

www.airbnb.jp

 

www.nokisaki.com

 

自宅に帰って寝るまでの間に必要な時間は?

 

寝るまでに必要な時間は?

 

あなたはどのくらいかかりますか?もしくは、欲しいですか?

 

 

f:id:tocotocokuwana:20171013013439j:plain

 

布団に入ってから寝付くまでにかかる時間ってわけじゃないですよ。私不眠症でー…って話ではないんです。なんせ私の場合は布団に入れば5分で寝れる。

 

会社から帰宅後、色々やらないとだめなこと、やりたいことあると思いますが、どのくらい時間があれば充実した生活をすることができるんでしょうか?という話です。


私は1日が24時間ということに不満を持って生きてます!!!

 

たとえばですが…


帰宅直後にベッドにダイブ。


ある意味幸せっすね。でも、睡眠時間が確保されただけでは充実してるとはいい難いですよね。帰って寝るだけなんて。人生もったいない。


テレビドラマみるぞー。


楽しみにしてる連続ドラマみたいですよね。みるなら1時間は最低でも必要になる。そんなときは2倍速でみるといい。少しばかりもったいないけど話は理解できる。言葉も理解聞き取れる。テレビを見ない生活も、その時間を別のことに使えて充実できると思う。


風呂、シャワー、スキンケア

清潔感は大事です。これは最低でも10分位はかかりますよね。長時間湯船に浸かりたい方は30分〜1時間ってとこですかね。女性は比較的時間がかかりますか〜。自宅に帰ってからやることでどうしても省けないタスクです。


食事

帰る時間にもよりますが、近くのいきつけのお店でばんめし。お店が開いてる時間に帰れてるならいいけど、深夜帰宅ならコンビニ生活。365日飯食ってなんぼです。

美味しいものは食べるべきです。

 

私が出した答えは。。。最低でも2時間は欲しい。

 

2時間はあくまでも最低限の話です。

そこから趣味の時間を作ろうと思うと何かを諦めないといけない。

 

・仕事の時間を減らす。

・睡眠時間をけずる。

・通勤時間を短縮する。

 

などなど。

 

睡眠時間を削るのはよくやりがちであるんですが、仕事の集中力に影響してくるので削りたくない。通勤時間を削るのはできる人はいいですが、できない人の方が多いと思ってます。30すぎると意外に会社の近くに住んでる人って多くないんです。

 

 

夜の12時には就寝するとしたら20時くらいに帰るのがベスト。

だいたい深夜1時までには寝る習慣を持ってるので、21時に帰宅することができれば最低ラインの2時間の2倍。4時間のフリー時間ができる。

 

 

最近は、1時間でいい。
早めに帰ることを心がけています。

 

この1時間。頑張って早く切り上げようとする自分のソコヂカラは半端ないことに気付いた。残り1時間を頑張って残ったとしても効率も質も悪すぎる。

 

1時間早く帰ろう!!と思った瞬間にやる気というかモチベーションが高まる。

 

 

また、どーして1日は24時間なんだろうといつも考えてしまうんですが、なんで、1日の大半を仕事に費やさないといけないのかも不思議だ。仕事をする事を前提に人生が、また社会がつくられている。労働力は貴重なり。

遊ぶ時間もないと社会にはお金も回らないはずなのに。

 

 

働くこと、寝ること、その他、三分割したらそれぞれ8時間。

 

 

8時間って言ったら前述した4時間の2倍。

私の残り4時間はどこに消えているのでしょう?

 

 

そうです。仕事です。定時間の8時間労働に、残業4時間ということですね。

お昼休みは拘束時間になることもあり得ますが、休憩時間ということでその他の時間に入れて考えると。。。

 

私の生活リズムは、おおよそ、この比率となります。

働くこと(12時間)、寝ること(8時間)、その他(4時間)

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓それが。

 

働くこと(10時間)、寝ること(8時間)、その他(6時間) 

 

 

になるようにしていきましょうかね。

ロボットに命令して全ての仕事が自動で完了するという時代は来ないものでしょうか。

 

深夜にコンビニで徘徊するこども

叱ってやらないと。
こんな夜遅くにコンビニで徘徊なんて、非行真っ只中か。

 

しかも、まだ小学生だよ。


って話ではないんです。すみません。


息子には目的があるんです。そう徘徊する息子の話です。

 

 

f:id:tocotocokuwana:20171008162707j:plain

「誘蛾灯」は息子のハートも引き寄せる

 

コンビニの駐車場にあるライトに群がる虫を捕まえに、我が息子がライトに引き寄せられている。虫みたいだな息子よ。コンビニで、カブトムシを捕まえたという話を一回、しゃべってしまったから、こうなってしまってるんですが、暗くなってからコンビニによるといつもこうなる。


私もライトに寄せられた虫の中のいっぴきなんだろうか。。。かなしいかな〜😭。


そんなカブトムシが毎回いるコンビニなんてないわとおもってはいるんだが、一回いたからたまにはいるのかなと大人の私も期待はしてしまう。

 

夏なら可能性はあるだろう。でも、この時期には蛾かカナブンくらいしかいないよ。それでも、息子はカナブンもお好き。それを目当てに今日もルンルンだわ🎶男の子は虫探しがお好き。


コンビニの外とかにある紫色の蛍光灯に虫が寄ってきてぱちぱちと音がなっているのがありますよね。

 

「誘蛾灯」ですね。

 

 

青色蛍光灯の前面に高圧電流を流した金属格子をめぐらせ、光におびき寄せられた昆虫などを殺すものです。電撃の代わりに粘着シートなどを使った粘着式ライトトラップなどもあるようです。虫を店内にはいってこないようにするものですが、虫を捕まえに来ている息子からしてみれば残酷極まりないしろものです。


こんなのあったら息子の楽しみは無くなってしまう。逆に虫集めイベントをこの紫外線をつかって子供達のために開催してやりたいくらいだね。
なかなかのアイデア💡?山の近くでバンバン、ライトつかったらめちゃあつまりそう。ってまーだれしもがおもいつきそうだ。

 

少し検索したらでてきたわ。

 

ライトトラップとは、大きな白い布に紫外線を当て昆虫をおびきよせるしかけのことです。ガイドの話を聞きながら、一番人気のミヤマクワガタなど、山の昆虫たちをじっくり鑑賞します。クワガタ以外にも、あかりに集まる昆虫、トンボや蛾(が)などの魅力も体験できます。30種1000匹を超える昆虫たち!夜の栗山はワクワクいっぱい!めずらしいことだらけの体験に、興奮する子どもたちが続出です!

 

楽しそう。。。

多度山あたりでやってくれていいな。

www.slow.gr.jp

 


今後、コンビニの虫対策が進んでいくと、コンビニに虫が集まることはどんどん少なくなっていくかもしれません。LED照明のコンビニあるしね。

 

あん、カメムシくさっ。早くかえろうよー。息子よ。

 

 

 

明かりに集まるのは虫だけじゃない

 

さて、夜になるとネオンの光に誘われ、どこからともなくワラワラと集まってくるサラリーマン・・・。
サラリーマンも虫と同じだ。寄り道がすきね。

 

 

そしてなかなか帰ろうとせず、ネオンの周りをいつまでもいつまでも千鳥足でフラフラフラッ・・・。

 

もう、寒くなってきました。温かい家の明かりを目指して帰ってね。